今後のキャリアプランを見直すことの大切さ

一昔前は結婚や出産後は家庭に入る女性が多かったのですが、現代は結婚、出産を得てもすぐに仕事に復帰する女性が増えています。また結婚しない選択や出産しない選択をする女性も増え、働く女性の背景は人によってだいぶ違う物になりました。

男女雇用平等法が施行され早何十年と立ちますが、その頃入社した女性が入社当時から40代に入っても同じ企業で働いているなら仕事のスキルや立ち位置は努力の結果が出始めている事でしょう。
また転職を繰り返した人も年齢的な常識や経験を社会から求められるので、やはり今までのスキルは役立つはずです。そうした40代は仕事に家庭、プライベートと充実している人が多いものですが、この年代で一度今後のキャリアプランを見直した方が良いでしょう。これまで順調だったとしても、いつ何が起こるかはわかりません。40代女性が抱えやすい悩みを把握しておき、対策を練っておくと安心できます。女性にありがちな悩みにスポットを当てたページがあったので、ぜひ目を通してみて下さい。→悩み多き40代

具体的には今後バリバリ働いて昇進を願うのか、仕事はほどほどに家庭を優先させたいのかという決断です。どちらを選んでも自分の人生なので正解ですが、40代女性ならではの向き合わないといけない背景があります。
例えば親の介護が視野に入る人であれば、仕事をしながらだと施設等サービスを利用する可能性があるのでお金の問題がでてきます。また働くにしても今の職場に不満がある場合、40歳過ぎた転職はぐっと厳しくなります。こうした悩みを突きつけられやすい年になるため、予めしっかり考えておく事で余裕を持って年齢を重ねていく事ができます。その為にもまだ若いと過信せず、しっかり現実と向き合った方が良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です